【看護師の転職は失敗ばかり?】転職での失敗6選と対策も解説

この記事では、「看護師の転職は失敗ばかりなの?」と疑問を持っている人に向けて、「看護師が転職に失敗する原因」や、「転職の失敗を防ぐ方法」などをお伝えしていきます!

看護師の転職で失敗しないためには、よくある失敗の原因を理解した上で、正しい準備をする必要があります。

この記事を最後まで読めば、看護師の転職に成功する方法が分かり、自信を持って転職活動をすることが出来ます。

目次

看護師の転職は失敗ばかり?よくある原因6選

まずは、看護師が転職に失敗するよくある原因を紹介します。転職に失敗したくない人は、原因をしっかりと理解しておく必要があります。

よくある失敗の原因は下記のとおり。

  • 事前の情報収集が足りていない
  • 自己分析ができていない
  • 転職理由が定まっていない
  • 業務レベルが自分と合っていなかった
  • 職場の雰囲気が自分と合わなかった
  • 転職サイトの担当者に任せっぱなしだった

それぞれの原因についてお伝えします。

原因1.事前の情報収集が足りていない

転職する前に、情報収集をしっかり行っておかないと、あとで後悔してしまうことが多々あります。

大きな病院と小さなクリニックの働き方の違い、応募する病院で働いている看護師の年齢層など、選ぶ求人によって求められることは変わります。

求人票を見ただけでは分からない部分もたくさんあるので、応募する病院のホームページを見たり、現地に行くなりして情報を集めるべきです。

転職してみないと分からないこともありますが、少しでも後悔する確率を減らすために、事前の情報収集は徹底的に行うべきです!

原因2.自己分析ができていない

自己分析ができていないことも、看護師の転職でよくある失敗の原因です。

自己分析をしっかりと行えば、自分の得意なことや不得意なことが分かり、掘り下げていくことで、自分が望んでいる働き方が見えてきます。

転職時に自己分析を行うことは必須ですが、自己分析を曖昧に済ませてしまうと、自分の理想の働き方が見えず、転職先に求めることもわかりません。

そもそも自分のことを理解していないと、転職に成功することはできません!

自己分析を行うことは、転職成功への第一歩ですよ。

原因3.転職理由が定まっていない

転職理由が定まっていないことも、よくある失敗の原因です。

実際、今の職場に対して何か嫌な気持ちを持ってはいるけど、ハッキリとした原因を突き止めず、なんとなくで転職している看護師もたくさんいます。

また転職先に対しても、求人票の条件面だけを見て、今の職場よりは良いかもと中途半端な判断をして、転職を決めてしまって、後悔することも…。

ハッキリとした転職理由がないのであれば、無理に新しい職場を探す必要はありません。

なぜ転職したいのかを整理した上で、転職活動を始めるべきです!

原因4.業務レベルが自分と合っていなかった

業務のレベルに関しても、転職の後悔に関わってくる大きな要因です。

実際に、前職が比較的小規模な病院で、看護師の中では仕事ができる方だと思っていても、

大規模な病院に転職して、難しい仕事をどんどん任されたり、周りの看護師のレベルが高く、自分のことを情けなく思ってしまう看護師もいます。

周りの看護師から、仕事ができないと思われてしまう可能性もあるので、自分のレベルに合う業務ができる求人を探すのが大切です。

業務レベルが合う環境で働くためにも、客観的に自分の能力を把握することが大切です!

頼れる先輩や同僚に能力を評価してもらったり、自分ができる仕事を書き出して整理してみましょう!

原因5.職場の雰囲気が自分と合わなかった

職場の雰囲気が合わなかった、思っていた環境と違ったというのも、よくある看護師の転職失敗の原因です。

実際、給与や勤務条件だけで、転職するかしないかを決めている看護師もたくさんいます。

しかしながら、病院ごとに看護体制やナースステーションの雰囲気は異なるので、内部の情報もしっかりと調べるべきです!

職場の雰囲気は、病院やクリニックごとに大きく異なるものです。雰囲気が自分と合わないと、その環境で長時間過ごすことはストレスに感じてしまいます。

原因6.転職サイトの担当者に任せっぱなしだった

転職時に利用した転職サイトの担当者に任せっぱなしだったことも、よくある失敗の原因です。

転職サイトによっては、求人紹介から面接対策、条件交渉など、あらゆるサポートを行ってくれる場合もあります。

サポートが手厚い分、ついつい任せっぱなしになることもありますが、結局転職するのは自分なので、自分自身が納得感を持つことが大切です。

転職サイトの担当者のサポートはありがたいですが、自分でやれることはしっかりとやらないと、転職してから後悔することになります。

以上が、看護師が転職に失敗するよくある原因です!情報収集不足や転職理由が定まっていないなど、様々な原因で失敗する人がたくさんいるんです。

次の章では、看護師の転職失敗を防ぐためにやるべきことをお伝えします!

看護師の転職失敗を防ぐためにやるべき4つのこと

それでは、看護師の転職失敗を防ぐためにやるべきことをお伝えします!

転職に失敗したくないなら、ここでお伝えする5つのことを全て丁寧にやることがオススメ。

失敗を防ぐためにやることは下記のとおり。

  • 転職前の準備をしっかり行う
  • 転職相談できる相手を作る
  • こまめに求人をチェックする
  • 職場見学の機会を作ってもらう
  • 看護師特化型の転職サイトに登録する

それぞれについてお伝えします。

やるべきこと1.転職前の準備をしっかり行う

看護師の転職活動は、慌てて行うとロクなことがありません。

まずはしっかりと準備をして、転職の期日も余裕を持って取り組むべきです。実際に転職活動の期間は、3ヶ月ほど設けるのが理想と言われています。

私の場合、転職サイトに登録して情報収集を始めたのも3ケ月前からでした。自分の中で、「もう辞める。」と決めて帰りの電車の中で登録したことを覚えています。

3ヶ月ほど時間をかけて良いので、まずは自己分析を行い、転職理由を整理したり、転職先に求めることを考える時間を作りましょう。

やるべきこと2.転職相談できる相手を作る

転職活動を一人で行うのは危険です。

特に初めて転職活動を行う人は、右も左も分からない状態なので、誰かのアドバイスを受けながら転職活動を進めるのが良いです。具体的に、転職経験がある今の職場の同僚や先輩に相談をするのがオススメですが、相談しにくいですよね。

そんな時は、「マイナビ看護師」を利用するのがオススメです!転職サイトの中でも「マイナビ看護師」は対面面談が基本となっています。

私も、マイナビ看護師の登録して転職エージェントに相談したら、今の職場の不満をぶちまけてしまいました(笑)。不満をぶちまけると、頭の中がスッキリして、「自分のやりたいことや今の職場がどうして嫌なのか」に向き合えるようになります。

他に相談できる相手がいない場合、「マイナビ看護師」をオススメします。

やるべきこと3.こまめに求人をチェックする

転職に成功するためには、求人をこまめにチェックすることも大切です。

具体的には、毎日転職サイトを開いて、新しい求人が出ているか、より条件の良い求人はないか探すことをおすすめします。

採用活動を積極的に行っている病院やクリニックでは、こまめに求人票が更新されていることがあります。条件が良いタイミングを逃さないためにも、毎日時間を決めるなりして、こまめに求人をチェックしましょう!

やるべきこと4.職場見学の機会を作ってもらう

職場見学の機会を作ってもらうのも、病院の内部事情や雰囲気を知るためにおすすめです!面接時に見学させてくれる病院もあれば、事前に伝えれば見学だけでもさせてくれる所もあります。

職場見学をしないで、求人情報だけで転職先として決めてしまうのは危険です。引っ越しのときに内覧をしないで、物件を決めてしまうようなもの

転職サイトの担当者を通して、職場見学の機会を設けてくれる場合もあるので、入社前に必ず実際に働く職場環境は見ておくべきです!

転職すると後悔する?

転職してから後悔してしまい、前の職場に戻りたいと切実に願っている看護師も少なからずいます。

後悔理由1.前職で満たされていた部分が満たされなくなった

戻りたいと思う理由も多岐にわたっていますが、前職で満たされていた部分が転職後には満たされていないのが原因で戻りたいと願うようになっているのが一般的です。

例えば、もっと稼げるようになりたいと考えて転職先を選んだものの、連日の長時間の残業で苦しくなってしまったというケースがあります。

後悔理由2.人間関係が悪くなった

ワークライフバランスを重視して働ける職場を選んだ結果として、勤務時間中のゆとりが失われて人間関係が悪くなったというケースもあります。

職場の雰囲気が悪くなってしまって結局は退職してしまった方もいます。

転職を失敗しないためには自己分析と情報集が大切

転職で失敗する人の紹介をしてきましたが、転職を失敗しないためには「ゴールを明確にする」こと。

あなたのゴールは「今よりも良い職場環境」ですよね。ただ、「今よりも良い職場環境」だけでは転職先に求める条件が曖昧すぎます。今の職場の不満を整理して、次に働く職場に求めることを明確にしないと、転職を失敗することになります。

そのため、転職をする前に現状を見直し、転職したら現状より良くなるのか、後悔するかを考えましょう。

この記事を書いた人

看護師のキャリアと働き方の奮闘について情報を発信中

シトラス
  • 30代 2児のパパ
  • 会社員を経て看護師になる
  • 看護師5年目で特定行為研修を受ける
  • 妻のうつにより育休&時短勤務を経験

修了した特定行為区分

  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
  • 術後疼痛管理関連
よかったらシェアしてね!
目次