【人生のターニングポイント】 会社員が仕事を辞めて、思いっきりお金と時間を使った結果人生が変わった‼ 私が看護師を目指したきっかけとは…。

私は、看護師になる前は会社員をしていて、他にも色々なことを経験してきました。

  1. 冬のスキー場レストランの住み込みバイト
  2. 海外へボランティア
  3. 沖縄の旅+ワーキングホリデー
  4. キャバクラのボーイ

これらの経験を通じて、たくさんの出会いがありました。この経験は私にとっての財産で、今でも連絡を取っている友人がいます。

私が看護師を目指すきっかけをくれたのも、旅をしている際に出会ったAさんのおかげです。Aさんに出会えたから、看護師になろうと思えたし、今の奥さんとも知り合うことが出来ました。

新しいことへのチャレンジは、人生を変えてくれます。私も人生が変わった一人です。

この記事では、会社員を辞めた私が旅の途中で出会ったたくさんの人たちのおかげで、人生を変えることが出来たエピソードを紹介しています。

  • 看護師としての目標がなくなってしまった
  • このまま看護師を続けるか悩んでいる
  • 新しいことにチャレンジしたいけど、やりたいことがない

こんな方たちに、ぜひ読んでほしいです。

目次

勤めていた会社はブラック企業だった

看護師になる前はブラック企業に勤めていて、仕事に忙殺される日々でした。自分がやりたいことなんて考える暇もなく、休日は仕事のために身体を休めるためにあると思っていました。

仕事内容は下記のとおり。

  • 9時に出社し、会社を出るのは21時過ぎが当たり前
  • 休日出勤は、月に5回以上。
  • 残業代や休日出勤手当はない
  • ノルマが達成できないと、帰ることができない

自宅で休める日は、月に2,3日あれば良い方です。同僚や先輩も同じようにしていたので、それがおかしいということに気付きませんでした。

しかも、残業代と休日出勤手当がなかった。信じられないと思うけど本当なんです。

ブラック企業を辞めた後の心境の変化

会社の経営が傾いたのをきっかけに辞め、実家に帰ってしばらくニート生活…。「○○をしなければならない」から解放されると、心がフラットな状態になります。

ずっと何もすることがないと不思議なもので、何かをしたくなって、自分が何に興味があるのか考えるようになります。

自分の中に根付いた習慣をリセットするには、ある程度社会から切り離される時間が必要。「○○をしなければならない」という思い込みが視野を狭くします。

自分の「やってみたかったこと」が思いつく

しばらくのんびりする時間があったから、今までの人生でやり残したことや興味があったけど後回しにしていたことが、どんどん思いついてきます。

そこで、自分のやりたいことや興味のあることをリストアップし、絞り込みました。

  • 海外の長期滞在
  • 雪国で生活してみたい
  • 沖縄を旅したい

やりたいことが具体的になると、どんどん活力が湧いてくるのを実感します。この3つは絶対にやると決めて時間はかかりましたが達成することが出来ました。

  • 海外の長期滞在→トルコへボランティア
  • 雪国で生活してみたい→スキー場のレストラン住み込み
  • 沖縄を旅したい→沖縄の旅+ワーキングホリデー

色々な人との出会いが価値観を変えた

ここが、私の人生のターニングポイントです。

3つのやりたいことを達成する途中に、たくさんの出会いがありました。経営者や学生、旅人、ミュージシャンなど、色々な人たちと話をして、皆に共通していたのは、自分がやりたいことをやっているということ。

人から強制されるわけでもなく、自分の責任で自分がやりたいからやるという考え方は、会社員をしていて社会のルールや常識にとらわれていた私の価値観を粉々に粉砕してくれました。

  • 働くことは当然の義務
  • 正社員でいることが当たり前
  • 仕事が優先でプライベートは後回し

こんな考えで凝り固まった私の価値観をそれって楽しいの?の一言でバッコーンって粉砕してくれました。目から鱗が落ちるなんてモノじゃないです!一瞬、フリーズしました。

それからの私は、「自分の人生だからやりたいことをやる‼」って考えるようになり、今まで悩んでいたことはちっぽけなことだって気づき、ポジティブに物事を考えられるようになりました。

沖縄でのAさんとの出会いから看護師を目指す

Aさんとお酒を飲みながら、「今後はどうするの?何かしたいことあるの?」という会話をしていました。当時、やりたいことをやるという目標に絶賛奮闘中の私は、今後の目標について何も考えていませんでした。

そこでAさんから「来年から看護学生になるんだ」という話を聞いて、看護師に興味を持ち始めました。

単純な私は、Aさんが看護師になろうとしたきっかけや思いを聞くうちに、看護師って素晴らしい仕事じゃないか。私も看護師になりたいと思うようになりました。

Aさんに出会えたから看護師になろうと思ったし、今の奥さんとも知り合うことが出来ました。Aさん、ほんとうにありがとう。

新しいことにチャレンジするメリット 8選

新しい環境に身を置くことはたくさんのメリットがあります。

私のオススメは、「看護師とは関係ない」ことにチャレンジすること。看護師に関係のないジャンルは、集まってくる人たちの経歴もバラバラで素敵な出会いがあります。

看護師と関連のあることにチャレンジして、看護師としてのスキルや知識を高めることも、全然アリ。

私が言いたいことは、せっかくだから「1度看護師を辞めて思いっきり自分のためにお金と時間を使おう!」ということです。そこで得られた経験は、今後の人生に絶対良い影響を与えてくれます。

新しいことに挑戦するメリット
  1. 新しい知識を学ぶことができる
  2. 資格や技能を身につけることができる
  3. 人間関係の幅が広がる
  4. 物事への視野が広がる
  5. 自分に自信が付くようになる
  6. 他のことにも挑戦しやすくなる
  7. 後悔することがなくなる
  8. やりたいと思えるものに出会う

メリット1. 新しい知識を学ぶことができる

新しいことを学ぶことは楽しいです。今まで知らなかったことが知れるから、知識やスキルがどんどん身に付きます。

自分の可能性が広がり、自分の市場価値を上げることもできます。

特定行為の研修は、楽しく充実した時間を送ることが出来ました。機会があれば、区分別科目をもう一度やってみたいです。

メリット2. 資格や技能を身につけることができる

新しいものに挑戦する事によって、知識だけでなく資格やスキルの習得に繋がることがあります。

看護師に関連することでも良いと思いますが、仕事を辞めてまとまった時間が取れるなら、看護師に関係ないことをオススメします。

その方が絶対、楽しいです‼

メリット3. 人間関係の幅が広がる

新しいことを始めると、同じように始めた人や経験豊富な方との出会いがたくさんあります。

やっていることが共通の話題になるので、悩みを相談することができたり、会話も弾みやすく、親しい人が増えていきます。

看護師に関係ないことをスタートさせた方が良い理由がココです。看護師に関連のあることだと出会いも医療職関係になりますが、全く関係ないことだと色々な職種の方が集まります。

メリット4. 物事への視野が広がる

新しいことを始めると、その分野ならではの視点を持てるようになります。

視野が広がり、新しい発見をできるから、何気ない生活の中で新鮮な気持ちになれるのもメリットです。

看護師の仕事に戻ったときも、この経験は活きてきます

メリット5. 自分に自信が付くようになる

新しいことに挑戦すると、今まで出来なかったことができるようになり成長を実感できます。

色んな事に挑戦し続ける中で、成功体験が増えていくから、自己肯定感が上がっていき、自信が付くようになります。

今まで苦手だったことに対しても「できるかもしれない」とポジティブな気持ちで向き合えるようになります。

自信が持てるようになると、不思議と人間関係のストレスも減ってくるのがメリット。

メリット6. 他のことにも挑戦しやすくなる

成功体験を積んだことで得た自信は、「〇〇も上手くできる気がする」と肯定的な感情が湧きやすくなります。

他のことに、挑戦することに対するハードルが低くなります。

メリット7. 後悔することがなくなる

新しいことに興味を持っても、「あの時やっておけば良かった」という後悔をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

挑戦して上手くいかなかったとしても、「やってみたけど、自分には向いてなかった。」と納得できます。「やった後悔よりやらなかった後悔」ということわざがあるように、やらなかった後悔はずっと後をひきます。

新しいことへ挑戦すると、過去のことを悔やまなくなるから、いつもポジティブな気持ちで生活できるようになります。

メリット8. 心からやりたいと思えるものに出会う確率が高くなる

挑戦したいと思ったものが、自分に最適なものかどうかは、実際やってみるまではわかりません。

たとえ失敗しても原因に気づくことができるから、自分にあったものを自覚しやすくなっていきます。

自分の望んだものが頭の中で具体的になっていくから、本当にやりたいことに巡り合いやすくなります。

とにかく、人生は1度きりだからこそチャレンジした方がいい

新しいことに挑戦できない時の対処法 4選

何か新しいことに挑戦したいけど、一歩踏み出すのが怖いことってありますよね。そんな時、上手く対処できないと、挑戦できずに後悔してしまうかもしれません。

ここからは、新しいことに挑戦できない時の対処法を具体的に紹介します。

新しいことに挑戦できない時の対処法
  1. 『失敗するのが悪い』という意識を捨てる
  2. 他人の目は気にしない
  3. すぐに結果を求めない
  4. やりたいことが出来たらやめればいい

対処法1.『失敗するのが悪い』という意識を捨てる

新しいことに挑戦したい気持ちにブレーキがかかるのは、失敗を恐れているからかもしれません。失敗しないで成功することなんてほとんどないです。

失敗することをポジティブに捉えるようにすると、「失敗してもいいか」と前向きな気持ちになって、積極的に挑戦できるようになります。

対処法2. 他人の目は気にしない

他人の目を気にしてしまうと評価してもらえなかったらどうしようといったネガティブな想像をしてしまいがちです。マイナスな感情にとらわれると挑戦する意欲がそがれてしまいます。

人は案外他人のことに興味をもっていないです。他人が評価する際の基準なんて曖昧なものだから、気にする必要はありません。

  • 他人にどうみられているかよりも、自分のやりたいことに素直になる。
  • 「◯◯さんの方が上手くできてるなあ」などと、他人と自分を比較しない。
  • 人の目を気にしそうになったら、「私のことなんて気にしていないだろう」と自分に言い聞かせる。

など、他人がどう思うかよりも自分の意思を大切にした方がいいです。

対処法3.すぐに結果を求めない

新しく始めたことなんて中々結果がでないことがほとんどです。無理に結果を出そうとすると、かえって気分が重くなってしまうことも。

長期スパンでものごとを考えるようになると、気楽に新しいことを始めやすくなります。

対処法4.他にやりたいことが出来たらやめれば良いと思う

「始めたからには最後までやり遂げなければいけない」と堅苦しく考えると、新しいことにチャレンジしづらくなってしまいます。

気楽に考えると、新しいことを始めるハードルが下がるので、新しいことに挑戦できるようになります。

新しいことにチャレンジしたいと思ったら、やるべき2つのポイント

新しいことにチャレンジするといっても、すぐに今の生活を変えることはリスクが大きすぎます。

まずは、準備をしましょう。

ポイント1.自己分析を行う

自分がやってみたいことや興味のあることをリストアップしてみましょう。出来れば、時間とお金がたっぷり必要で諦めていたこと。

何の目標もなく、新しいことにチャレンジすると後悔する可能性も…。

やりたいことがリストアップ出来たら、次は実現に向けて今の環境を変える必要があります。

ポイント2.働く環境を少しずつ変える

新しいことにチャレンジするためには準備が必要です。また、急に環境を変えると、負担が大きいので少しずつ環境を変えていきましょう。

自分の時間が多く取れるような働き方に変えると、自分が何をしたいのか考えるきっかけになります。

  • 正社員から夜勤専従のアルバイトに変更する
  • 病院以外に転職する
  • 副業をしてお金を貯める

少しずつ自分の目標のために準備をしましょう。

お金を貯めるオススメの方法は、看護師にオススメの副業で紹介しています。

国家資格の看護師だから低リスクで、仕事を辞められる

自分のやりたいことのために仕事を辞めるって、リスクが高いと考えていませんか?

元サラリーマンの私が断言します。

看護師の資格って、とても強いです。

あなたが2,3年看護師の仕事から離れても、すぐに次の就職先を見つけることは出来るし、看護師資格を活かしたアルバイトも簡単に見つかります。

看護師免許は最強‼コスパが抜群に良い

国家資格の看護師免許は、北海道から沖縄までどこにいっても仕事に困りません。働き方だって正社員やアルバイト、派遣などどれでも働くことが可能です。

しかも、給与(時給)が高い!

だから2,3年回り道したって、すぐに次の就職先を見つけることが出来ます。

私がサラリーマンから看護師になろうと決めたのも、看護師の資格がとっても強いから。

だから安心して後のことは考えないでOK!失敗したって看護師なら何度だってリカバリーできます。

まとめ:自分の人生は1度きり やりたいことをやろう‼

私が看護師になる前に経験したことは財産です。どれも楽しい思い出で、出会った人たちも素敵な人たちばかり。もう10年以上前のことなのに、当時の記憶は今でも鮮明に覚えています。

辛いことがあった日だって、楽しかった日々を一人で思い出してクスッとしてしまいます。そうすると、悩んでいたことがちっぽけなことだって思えて、前を向くことが出来ます。

私は結婚もして子どももいるので、昔ほど自由には出来ないけれど、自分はやりたいことをやり切ったっていう記憶は、何年経っても色褪せない自分の誇れる勲章みたいなものです。

私は、自分のやってきたことに満足しています。だから、この記事を読んだあなたにも同じようにチャレンジして素敵な出会いを体験してほしい

その経験は、あなたの人生を素敵なモノに変えるから。

看護師にオススメの転職サイトを知りたい方はコチラ!

この記事を書いた人

看護師のキャリアと働き方の奮闘について情報を発信中

シトラス
  • 30代 2児のパパ
  • 会社員を経て看護師になる
  • 看護師5年目で特定行為研修を受ける
  • 妻のうつにより育休&時短勤務を経験

修了した特定行為区分

  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
  • 術後疼痛管理関連
よかったらシェアしてね!
目次