特定行為実施までの流れ

目次

PICC『末梢留置型中心静脈カテーテルの挿入』

栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連の『末梢留置型中心静脈カテーテルの挿入』実施までの流れを紹介します。

STEP
特定行為の依頼or提案

医師や病棟の看護師からPICC挿入の依頼が来ます。

私自身も、PICC挿入が必要と判断した場合(中心静脈栄養の実施、血管作動性薬剤・化学療法剤などの刺激性薬剤の投与、末梢静脈路の確保が困難)はコチラから医師に提案します。

STEP
特定行為実施の準備
STEP
患者の情報収集

VSは勿論、炎症反応や出血傾向の有無などを確認します。ハイリスクであると判断した場合は断ります。

STEP
透視室or手術室の予約

透視をしながら、カテーテルを挿入するため予約枠を確保します。

STEP
オーダー入力

電子カルテに①カテーテル挿入の予約 ②指示簿(日時、必要物品の準備依頼)の入力を行います。数日後の挿入になる場合もあるので、口頭ではなく電子カルテにオーダー入力をします。

指示簿入力例
  • 〇日〇時 PICCの挿入をします。必要物品(グローションカテーテル)の準備をお願いします。挿入部位は右上腕を予定しています。
STEP
刺入部の選定

事前にエコーを使い、右or左上腕の選定をします。基本的に右上腕から穿刺します。その際、以下のことを考慮します。

刺入部の選定のポイント
  • 関節の拘縮の有無(刺入部位の確保出来るか)
  • 静脈の血管の走行と血管径の確認
  • 動脈が近い位置を並走していないか(動脈を刺さないようにするため)
STEP
特定行為の実施
  • 滅菌手袋と滅菌ガウンを装着し、清潔操作でグローションカテーテルを展開します。
  • 局所麻酔やニードルガイド、ガイドワイヤー メスなどを使ってカテーテルを留置します。
  • 透視下で、カテーテルの先端位置を確認したら、仮固定を行いレントゲン写真で最終的な位置の確認を行います。
STEP
自分の挿入したPICCのフォロー

PICCを挿入して終わりではありません。院内の全ての患者のPICCの確認は出来ませんが、自分で挿入したモノに関しては後日確認をしに行きます。

実は、PICCを挿入した後日に偶々自分の挿入したPICCの確認をする機会があって、長さが変わっているのにビックリしました( ゚Д゚) 
また、刺入部も清潔な固定をされていませんでした。その経緯があり、せめて自分の挿入したPICCに関してはフォローをするようになりました。

この記事を書いた人

看護師のキャリアと働き方の奮闘について情報を発信中

シトラス
  • 30代 2児のパパ
  • 会社員を経て看護師になる
  • 看護師5年目で特定行為研修を受ける
  • 妻のうつにより育休&時短勤務を経験

修了した特定行為区分

  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
  • 術後疼痛管理関連
よかったらシェアしてね!
目次