特定看護師に出来ること・特定認定看護師に出来ないこと 違いを比較

これら2つの資格は、とても似ている資格であり混同されることも多いです。

この記事を読んだ方に、「特定看護師」という看護師のキャリアも選択肢に加えて貰えたらと思います。

※「特定看護師」は呼称であり、資格ではありません

この記事を読んで分かること
  • のんびりした性格の人の強み(長所)
  • のんびりした性格の人が看護師に向いている理由
  • のんびりした性格の強み(長所)を最大限活かす方法
  • のんびりした性格の看護師に向いている職場

コチラも参考にどうぞ

あわせて読みたい
診療看護師(NP/ナースプラティクショナー)になりたい方 特定看護師と診療看護師の違い 現在、看護師の最高峰のキャリアには診療看護師(NP/ナースプラティクショナー)という認識の方が多いと思います。 診療看護師は、大学院で2年間の修士課程を修了し診療...
目次

全国の認定看護師の修了者数(A課程)

2026年廃止予定の教育課程(A課程)の分野一覧です。「B課程」とは、分野別一覧が異なっています。
看護師

全国で21.847名の認定看護師がいるのね。

看護師のキャリアとしてメジャーな資格です。

特定行為21区分の図

特定看護師とは?

特定行為研修を修了した看護師であり、「特定看護師」という資格は存在しません。呼称という形で特定看護師として用いられています。

特定行為区分を1区分修了した看護師も21区分全て終了した看護師も同じく「特定看護師」として呼称されます。

特定認定看護師とは?

2020年から始まった認定看護師教育課程(B課程)は、ニュアンスとしては「特定行為研修」が付属としてついてくるというイメージに近いです。

あわせて読みたい
認定看護師教育課程(特定行為を組み込んでいる教育課程(B課程)一覧 このページは、認定看護師課程に組み込まれている特定行為の資料ページです \ 日本看護協会サイトに移動できます / 認定看護師(B課程)分野別教育機関一覧・ 感染管...

特定認定看護師に出来ないこと

認定看護師は、看護師のキャリアとして確立されており「現場のプロフェッショナル」という立場にいることに異論はありません。私も、日々お世話になっています。

私が、特定行為に強い興味を持つようになり認定看護師(B課程)と特定看護師を比較したときに認定看護師では修了出来る特定行為区分が少ないということが分かりました。

私が、やりたかった特定行為区分は「動脈穿刺」と「Aラインの確保」、それから「人工呼吸器の設定変更」でした。

これらは、「手術看護」の認定看護師(B課程)であれば修了出来きますが、「もっと色々やりたい」と考えるようになりました。

私が、自分のキャリアを考えた時に「特定看護師」になった経緯は別の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
私が「特定看護師」を選んだきっかけ 【特定看護師になった経緯】 STEPキャリアを考え始める 集中治療室に新人で配属され、急性期をがっつり経験してきたたため「クリティカルケア」の認定看護師を考えてい...

特定行為区分から見る認定看護師の分野別一覧

スクロールできます
特定行為区分特定行為分野別一覧
「呼吸器(気道確保に係るもの)関連」経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整手術看護
呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連侵襲的陽圧換気の設定の変更
非侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整
人工呼吸器からの離脱
手術看護
クリティカルケア
呼吸器疾患看護
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連気管カニューレの交換新生児集中ケア
小児プライマルケア
在宅ケア
ろう孔管理関連胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
膀胱ろうカテーテルの交換
在宅ケア
創傷管理関連じょく そう 又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
創傷に対する陰圧閉鎖療法
皮膚・排泄ケア
在宅ケア
創部ドレーン管理関連創部ドレーンの抜去乳がん看護
動脈血液ガス分析関連直接動脈 穿せん 刺法による採血
とう 骨動脈ラインの確保
手術看護
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整

脱水症状に対する輸液による補正
特定認定看護師19分野全て組み込まれています
感染に係る薬剤投与関連感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与感染管理
血糖コントロールに係る薬剤投与関連インスリンの投与量の調整糖尿病看護
術後 とう 痛管理関連硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整手術看護
循環動態に係る薬剤投与関連持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整

持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
持続点滴中の利尿剤の投与量の調整
手術看護
クリティカルケア
心不全看護
精神及び神経症状に係る薬剤投与関連抗けいれん剤の臨時の投与
抗精神病薬の臨時の投与
抗不安薬の臨時の投与
認知症看護
脳卒中看護

手術看護と在宅ケアに組み込まれるパッケージ研修

「手術看護」と「在宅ケア」には、パッケージ研修を丸ごと組み込まれています。

手術看護

術中麻酔管理領域パッケージ
「呼吸器(気道確保に係るもの)関連」
「呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連」
「動脈血液ガス分析関連」
「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」
「術後疼痛管理関連」
「循環動態に係る薬剤投与関連」

在宅ケア

在宅・慢性期領域パッケージ
「呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連」
「ろう孔管理関連」
「創傷管理関連」
「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」

パッケージ研修には時間短縮のため、免除されている「特定行為」があります。研修を受けないため修了しても免除された特定行為は実施出来ません。

詳細は、下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
修了者に聞いた人気の『オススメの特定行為』3つ!選ぶときに知っておきたいポイント! 頻度の多いオススメの特定行為の紹介だけでなく、どの特定行為を選べばいいのかポイントも紹介しています。

特定認定看護師の教育課程には含まれない特定行為

特定行為区分特定行為
循環器関連一時的ペースメーカの操作及び管理
一時的ペースメーカリードの抜去
経皮的心肺補助装置の操作及び管理
大動脈内バルーンパンピングからの離脱を行うときの補助の頻度の調整
心 のう ドレーン管理関連心 のう ドレーンの抜去
胸腔ドレーン管理関連低圧胸腔内持続吸引器の吸引圧の設定及びその変更
胸腔ドレーンの抜去
腹腔ドレーン管理関連腹腔ドレーンの抜去(腹腔内に留置された 穿せん 刺針の抜針を含む。)
栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連 末梢留置型中心静脈カテーテルの挿入
栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連中心静脈カテーテルの抜去
透析管理関連急性血液浄化療法における血液透析器又は血液透析  過器の操作及び管理
皮膚損傷に係る薬剤投与関連抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整

特定認定看護師の教育課程に含まれない特定行為区分は、侵襲的処置が多いことが分かります。

私は、現在救命センターで勤務していますが、「中心静脈カテーテルの抜去」を修了しておけば良かったと思っています。

PICCの挿入は、1ヶ月に1,2回程度行っています。

修了した特定行為区分
  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
あわせて読みたい
特定行為実施までの流れ 特定の活用方法を実際の例を用いて紹介しています。

まとめ

私は、やっていみたい特定行為が認定看護師の資格では修了出来ないため、「特定看護師」を選びました。実際、特定行為はとても便利です。活用している内に、あれも取っておけば良かったと思うようになりました。

他の修了者の方も同様のことをおっしゃっていましたが、「血液ガス分析関連」の動脈穿刺とAラインの確保はとても使い勝手が良いです。これが、「特定認定看護師」の資格にもっと組み込まれればば良いのに思います。

この記事を書いた人

看護師のキャリアと働き方の奮闘について情報を発信中

シトラス
  • 30代 2児のパパ
  • 会社員を経て看護師になる
  • 看護師5年目で特定行為研修を受ける
  • 妻のうつにより育休&時短勤務を経験

修了した特定行為区分

  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
  • 術後疼痛管理関連
よかったらシェアしてね!
目次